フリーランスと健康

フリーランスの健康診断

フリーランスと健康管理の大切さ

会社勤めをしていると、なにかとストレスや不便なことが多く、時には退職や転職がよぎることもあるのではないでしょうか。
さまざまな現場を経験し、専門的なスキルを身に着けた人は、思い切ってフリーランスへ転向することも視野に入れてみてはいかがでしょうか?
会社に属さないフリーランスという立場なら、スキルや知識を活かし、自分のできる仕事を自らペース調整しながら取り組むことができます。

フリーランスで活躍したいとお考えならこちら。

一般的にフリーランスは会社勤めに比べリスクが高いとイメージされているかもしれません。
金銭面や時間面ではむしろ制限がなくなる分理想を叶えやすくなりますが、多くの人が心配しているのは「健康管理」です。
フリーランスの場合、会社と違って「有給」という概念がありません。体調を崩し、動けなくなってしまえばその分の給料が発生せず、長い間寝込んでしまえば報酬に大きく影響します。自らの調子が悪く、不安定な時期に金銭も底をついてしまった・・・こんな最悪の状態もあり得るからこそ、フリーランスはリスクが高いと言われるのです。
フリーランスは会社に守られない分、生命線となる健康管理を自分自身でコントロールしなければなりません。

さらに、会社員の場合は定期的に会社側から健康診断の案内を受けますが、フリーランスの場合は、会社で決められた健康診断を受けることがないため、自ら気を配っていなければいけません。しかしフリーランスの人でも、保険を利用すれば健康診断を格安で受けることができるのです。
今、日本は「国民皆保険制度」と呼ばれ、誰もが何かしらの保険に入らなければいけません。
費用がかさむことから、この制度を疎ましく思う人もいるかもしれませんが、せっかく加入している保険は大いに活用すべきでしょう。

Copyright © フリーランスの健康診断. All rights reserved.